柏崎マラソン > 大会概要 > 大会過去データ > 第12回柏崎マラソン開催概要

第12回柏崎マラソン開催概要

大会概要

テーマ
  1. 年齢、身体状況等に応じた元気づくり及びバリアフリー意識の喚起
  2. スポーツを楽しむ心の醸成
  3. 青少年の健全育成及び競技力の向上
  4. 観光産業の振興及び地域ボランティア活動の普及
日時
平成26年10月26日(日) 午前9時(レーススタート)午後2時(ゴール)
場所
柏崎市陸上競技場発着 柏崎マラソンコース
(日本陸連公認・陸上競技場~椎谷折返し)

日程

7:30競技役員集合(一部7:00集合)
8:00~開会式
9:00マラソンスタート
9:10ハーフマラソンスタート
9:2010kmスタート
9:353.3kmスタート(中学生、小学生含む)
10:00頃~表彰式(終了種目から順次)
14:30頃閉会

申込者数・出場者数・完走者数等一覧表

種目 申込者数 出場者数 途中棄権者数 完走者数 完走率
マラソン 826人 689人 154人 535人 77.6%
ハーフマラソン 523人 469人 11人 458人 97.7%
10km 444人 399人 1人 398人 99.7%
3.3km 327人 282人 1人 281人 99.6%
合 計 2,120人 1,839人 167人 1,672人 90.9%

申込者地域別内訳

新潟1,564、東京103、富山102、埼玉73、長野39
神奈川51、その他163 合計  2,120人
【新潟県内の内訳】
柏崎市618、新潟市273、長岡市206、上越市140、その他327
合計 1,564人

ゲストランナー

オリンピックメダリスト 有森裕子さん

競技場や実際にコース上で選手を激励。その後、競技場で表彰式プレゼンターを行っていただいた。

各種目の結果

種目 氏名 タイム 備考
男子マラソン 和田 浩 2時間41分3秒 -
女子マラソン 福田 恵美子 3時間8分23秒 -
男子ハーフマラソン 三宅 翔太 1時間10分53秒 -
女子ハーフマラソン 渡辺 真由美 1時間23分57秒 -
男子10km 加藤 辰志 36分17秒 -
女子10km 佐藤 萌生 42分32秒 -
男子3.3km 宮下 意大 10分30秒 -
女子3.3km 古澤 侑里 12分23秒 -

気象条件

時刻 天候 気温℃ 湿度% 風向 風速m/sec
09:00 はれ 19 13 南東 0.4

その他

役員総数
大会役員、競技役員452人
(内訳)
 陸協・町内会・企業等ボランティア280人、警備会社・シルバー人材センター70人、
 中・高校生補助員102人
その他
  • はじめての前夜祭を計画、参加者(66名)は予定より少なかったが参加者には好評であった。
  • 株式会社ブルボンから「イオン水」(500mlペット)の無償提供(ランナーに配布)を受けた。
  • 参加賞としてJA柏崎の「柏崎産こしひかり1kg」を購入しランナーに配布。
  • ランニング関連スポーツ店2店が会場内に出店した。
  • 新潟県接骨師会のコンデショニング対応に118人が来場。
  • トン汁2,500食を選手、役員に無料で振舞い、好評をいただいた。
  • ブルボンウォーターポロクラブ柏崎のメンバーから協力いただき、会場の盛り上げや表彰式プレゼンターをお願いした。
  • 柏崎市より電気自動車6台の提供をいただき先導車等として使用。
  • 新潟レスキューバイク隊6名からコース巡回のサポートをいただき、故障者の早期発見や初動救護等にご尽力いただいた。
  • 柏崎小学校の太鼓クラブ[潮風太鼓]がランナーのスタート時に演奏し大会盛り上げを行っていただいた。
  • 柏崎青年会議所に依頼し、PRキャラクター「えちゴン」が来場。会場の盛り上げ等を行っていただいた。
  • 祭や倶楽部に依頼しパフォーマンスにより選手を元気づけていただいた。
  • チャリティー募金を実施。NPO法人「ハートオブゴールド」に寄付され、世界の紛争地域や東日本震災地域の子供の体育施設に活用される。
このページの先頭へ